審美歯科
Dental esthetic

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者さまにお勧めするのが審美歯科治療です。
当院ではこんなご希望の患者さまが来院されています。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる
・出歯を短期間で治したい

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく3つのタイプがあります。

1. フルクラウンタイプ(2種)
項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが無い
2. インレーセラミック(部分的)

 症例1
 症例2

 症例3
 症例4

・材質はセラミックのみを使用

メリット

・虫歯の再発がしにくい
・ほとんどのケースが銀歯をはずし、中をきれいにするだけなのでチェアータイムが短い

デメリット

・ 元の歯があえて残るため境目が若干見えてしまう。

 

3. ラミネートべニアタイプ(張り付け)

 症例1

 症例2

・材質はセラミックのみを使用

メリット

・歯の表面を0.3mm~0.9mm削るだけなので、歯へのダメージが少なく、治療時間が短い

デメリット

・ 表面にセラミックを張り付けるだけなので、歯ぎしりがある人や咬み合わせにより、割れてしまうケースがある。

 

4. 歯肉ブリーチング

 症例1

       術前              術中            術後1週間

黒ずんだ歯ぐきの原因となるのがメラニン色素と呼ばれるものです。メラニン色素はタバコのヤニなどから生じます。そのメラニン色素を専用のお薬を使用し、健康なピンク色の歯肉に戻します。
治療に痛みはなく、所要時間は5分から10分程度です。

 

ホワイトニング

 
ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

ホームホワイトニング
患者さん専用のマウスピースを製作し、患者さん自身がマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて、家で約10日間(1h~2h)装着して漂白する方法です。

オフィスホワイトニング
歯科医院にて漂白を行う方法です。歯の表面に高濃度の薬液を塗布し、光を照射することにより、歯の着色成分を変化させることで黄ばみを改善する方法です。

 

症例

前歯12本審美改善セラミック
治療前 治療後


前歯重度歯周病審美改善ブリッジ
治療前 治療後

前歯審美改善6本ブリッジ
治療前 治療後