院内感染対策
Infection Measures

滅菌・院内感染対策について

歯科の治療の際、多少出血が伴うことがあります。もし治療器具の滅菌・消毒が不十分だと、その前に治療を受けた患者様に使った器具を介して、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどに感染する可能性が高くなります。むし歯や、歯周病で来院される患者様はもちろんですが、お口の中が健康な方が別の病気をうつされることは、絶対に避けなければいけません。

そのために、ふじみ歯科では徹底した院内感染対策を行っております。

患者様のお口の中に入れる治療器具はもちろん、間接的であれお口の中の唾液や、血液に触れる可能性が少しでもある器具にたいして徹底してディスポーザブル(使い捨て)滅菌・殺菌処理しています。

感染対策は診療報酬がありません

これだけ重要である感染対策ですが、どんなに一生懸命に行っても診療報酬の対象にはなりません。やればやるほど医院の経費がかさみます。しかし、患者様に安心いただける治療、安全な治療を受けていただきたいという思いから、ふじみ歯科では、滅菌消毒をはじめとする院内感染予防に力を入れています。

ディスポーザブル

使用した手袋や紙コップ、エプロンなどは患者様ごとに変え、使い捨て(ディスポーザブル)のものを使用しております。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

歯を削るタービン等の耐熱性のある器具は、すべてオートクレーブで滅菌を行っています。

超音波洗浄

消毒液を満たした超音波洗浄機で器具の隅々まで洗浄します。