口腔外科
Dental surgery

口腔外科(こうくうげか)

口腔外科(こうくうげか)とは

口腔外科(こうくうげか)とは、虫歯や歯周病の治療を除く、口内やその周囲の疾患を対象とする外科処置を行う診療科です。 顎関節症、親知らずの抜歯(埋伏などの難しいケースの抜歯も含む)、抜歯した親知らずを利用した歯牙移植、根の先端の腫瘍を除去する処置や、口内やその周囲のできもの(口内炎など)、簡単な口腔ガンの検査を行います。

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎の関節周りの何らかの原因で、顎が鳴ったり、痛みや口が開かないなどの症状が起きることを言います。肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が出てくる場合もあり、生活に支障をきたします。

原因

・就寝中の歯ぎしり、くいしばり、タッピング
・歯列不正、歯が部分的に欠損している
・顎の成長期
・パソコンなどの集中している時の歯のくいしばり
・顎の関節の病気

治療法

・薬物療法
・かみ合わせの治療
・バイトプレート

長期安定タイプ 一般タイプ


親知らずの抜歯

親知らずとは?

親知らずとは、一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。
このような親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いケースもあります。

歯根端切除術

歯根端切除術とは?

根先端にできた腫瘍を根の中からの治療ではできないケースや、再発が多いケースなどに行う方法です。麻酔下で、歯ぐきを一部切開し、根の先端の腫瘍と根の一部を除去します。

メリット

再発しにくい、かぶせ物をはずさなくて済む。

デメリット

外科処置なので術後少し腫れやすい。

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患とは?

口内炎や唾液腺腫瘍などがありますが、一番怖いのは口腔疾患は口腔ガンです。
特に40歳~注意したいと考えていますので、簡易的ですが健診することができます。
お気軽にご相談ください。