料金表
Price

各種保険診療に対応しております

当医院では、各種保険診療に対応しております。ご来院いただく際には、保険証をお持ちくださいませ。

各種クレジットカード取り扱いしております

下記のカードがお使いいただけます。
※カード払いは自費診療のみになります。

JCB、VISA、MasterCard、UC、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER、SAISON

自費料金表

当医院では、自費治療にも対応しております。自費治療をご提供する際には、治療内容・金額等をご説明した上でご提案しますので、ご安心ください。

インプラント

項目 値段
フィクスチャー 15万円(アバット込み)
メタルボンド 9万円
オールセラミック 9万5千円
ジルコニア 10万円~
マグネット 一カ所10万円
3D立体画像CT診断(シンプラント) 3万円

インプラントの構造は、右画像をご参照ください。

PMTC

項目 値段
歯のクリーニング 約2800円(要保険証)

審美歯科

項目 値段
ラミネートベニア 6万円
セラミックインレー 5万円
ゴールドインレー 7万円~

義歯・入れ歯

項目 値段
ナチュラルデンチャー 2歯まで10万円、3歯以上15万円
金属床 30万円~

保証に関しまして

項目 年数
インプラント 10年
被せ物系 5年
被せ物系:セラミックインレー 1年
入れ歯系 3年

【インプラントに関する保証について】
保証期間内における通常使用で、破損や脱落などが生じた場合、治療後経過年数に応じた下記保証割合にて修理・再装備・再製作させていただきます。
インプラント治療後の修理・再装備・再製作にかかる費用をインプラントの手術ならびに補綴物を入れた際にかかった費用に対してその経過年数に応じた保証割合にて保証するものです。

5年未満 5年以上
6年未満
6年以上
7年未満
7年以上
8年未満
8年以上
9年未満
9年以降
10年未満
10年以降
インプラント 100% 90% 80% 70% 60% 50% 0%

【保証の注意点】
※患者様の不注意や不慮の事故などあきらかに当医院の責任ではない場合
※無理な使用や、当医院の指示に従わない状態(設備不備や必要な追手術を受けられないなど)での使用が原因である場合。
※診療時に全く予期し得ない口腔状態の変化による場合。
※インプラントの定期的メンテナンスに年間最低2回お越しいただけない場合。
※インプラントの定期的メンテナンスに通われず、インプラント術後半年経過した場合
※出張、転勤、旅行による患者様都合により当医院に通われず、インプラントの定期的メンテナンスが半年以上出来なかった場合。
※インプラント手術後の禁煙に協力出来なかった場合。
※患者様都合により転居され通院が困難になった場合に発生したインプラント不具合については対応しかねますことをご了承ください。
※通院にかかる交通費、宿泊費はお客様負担になります。

なお、インプラントフィクスチャーのみの保証条件で、上部構造はそのものの保証期間になります。。
保証書は保証期間内は大切に保管ください。保証書を損失された場合、保証を受けられない場合がございます。


【その他保証の注意点】
※半年に1回の定期検診をお受けください。定期検診をお受けいただいてない場合、保証が適用されない場合があります。
※引越し、病気などで来院できない場合は、別途ご相談ください。
※内科的疾患(糖尿病など)の進行によるものは保証が適用されない場合があります。
※事故による損傷は保証が適用されない場合があります。


医療費控除

本人または本人と生計を1つにする配偶者やその他の家族・親族が、一定額(年間10万円)を超えて医療費を支払った場合、税法上、医療費控除が適用され税金が還付(軽減)される制度です。

控除金額

1年間(1/1~12/31)に支払った医療費の総額 - 10万円 = 医療費控除額 

※各種保険等で支払われた補填額は控除対象外となります。 
※控除金額の上限は200万円となっています。

還付を受ける為に必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは対応できません)
・印鑑、銀行支店・口座番号

※ 確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
※ 申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。
但しサラリーマンの方の還付は一月以降受理されます。

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療のための医薬品購入費
・通院、入院の為の通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受ける為の施術費
・その他

医療費控除の対象とならない医療費

・容姿を美化し、容貌を変える為を目的として支払ったいわゆる整形手術の費用
・審美目的の歯列矯正費や、歯のホワイトニング治療費など 
・健康増進や病気予防の為の医薬品の購入費
・通院に自家用車を使用した場合の駐車場代やガソリン代

詳しくは国税庁の該当ページをご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

高額医療・高額介護合算療養費制度について

8月からの1年間に支払った医療保険と介護保険の自己負担費用を合計して基準額を超えて支払った分を返還するという制度です。(基準額は世帯員の年齢構成や所得区分に各家庭の収入などにより変わります)
※ 自由診療分は合算できません。

詳しくは厚生労働省の該当ページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/tp0724-1.html